名刺を切らせたり忘れた場合

万一、名刺を切らしていたり、忘れたりしたら、丁重に非礼をわび、次回に改めて渡すことを付け加える。

・ ビジネスマンが自分を相手に知っていただく重要な名刺を切らしたり、忘れたりすることがないようにしましょう。
・ 外出前にはその日の状況を想定し、必ず名刺入れに入っている枚数を確認し、もし相手が多人数とわかったら、相応の枚数を用意しておく必要があります。なお、名刺入れは目立つものですので自身の人柄が相手に見られる部分です。センスのよいものを持ち、いつも点検と手入れを怠らないように心がけます。