身分証明書代わりの名刺

今や名刺は、ビジネスマンの身分証明書と言っても過言ではないでしょう。そんな名刺は初対面の方との情報の交換にとても役立ちます。お互いの名前、会社名、連絡先などが記載されているので、初対面でも会話がスムーズにでき助かります。
名刺は、表だけではなく、裏面も拝見するようにしましょう。会社を複数お持ちの方は裏面に記入されている事が多いですので、お相手のことがさらにわかるでしょう。
名刺はその人の身分証明書であり、名刺を丁寧に扱うことで名刺をくれた人に敬意を払っていることを表現します。

名刺は、江戸時代から使われ始めたとされています。当時は今と違い、訪問先が不在の際に、来訪を知らせる意味で戸口などの隙間に挟んで帰るという置手紙のように使用していました。

日本では名刺を丁重に扱いますが、海外では先方の目の前でメモ書きしたり、即ポケットにしまうことがあるようです。